自己採取HPV検査

検査の意義

HPVに感染しているか検査することは、子宮頸がんがHPVの持続感染により発症することからすると十分に意義があると考えられます。
近年、細胞診とHPV検査を併用した検査が推奨されているケースもありますが、確実性は向上するものの、コストも増加することが課題です。
一方、海外では、HPV検査を一次スクリーニング検査とする流れが出てきています。